"Person of Interest" Surveillance

海外ドラマ『PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット』についてのあれこれ

<< POI503: Truth be Told | 大脱出 >>

POI505: ShotSeeker

イライアスの旧友が登場。ファスコも活躍。サマリタンとマシンの戦いをシミュレーション。少しずつ物語は進んでいる。

イライアスの旧友ブルース、ドミニクとイライアスが殺された時の真相を知るためにファスコに近づく。今回のPOIはショットシーカーという銃撃音探知システムのアナリスト。ファスコのセリフにもあるように、サマリタンのおかげで殺人事件は減ったけれど自殺と失踪者は増えている世界…。

ブルースがリースを誘拐して、マシンの目の届かないところに連れ去られてしまったときのフィンチとルートの慌てよう。それに対し、ファスコのキビキビした指示の出し方がなんだかよかったなぁ。シーズン1のときのファスコとは比べものにならないくらい、信念がある。見かけは変わらずおばちゃんぽいおじさんなんだけどな。笑

で、やっぱりな、という、イライアスが生きていたという事実。カーラ様の再登場といい、ファイナルシーズンとわかっているから、今までの懐かしいキャラクターを出してくれるんでしょうか。ネイサンしかり、カーラ様しかり、今回のイライアスしかり。そういえばグレースも出てきたし。

映像だけでなく音まで監視しているサマリタンの不気味さ。クローズドな環境でミニサマリタンとミニマシンを戦わせるフィンチ、でも結果は連戦連敗。逆境から少しずつfight backするのがこのシーズンのテーマだから、仕方ない。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
| Season 5 | comments (0) | pagetop↑

Comments

Post your Comment

Copyright © 2013-2016 Garnie. All Rights Reserved.
About This Site
Categories
Entries

Twitter



Recommend...
Comments
Other