"Person of Interest" Surveillance

海外ドラマ『PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット』についてのあれこれ

<< POI504: 6,741 | POI505: ShotSeeker >>

POI503: Truth be Told

サマリタンとの戦いと併行してマシンの出す番号から人助けもしていくチーム・マシン。

対象者が調べる兄の過去に自分が関わり、昔のCIA時代の上司と顔をあわせることになるリース。フラッシュバックにはカーラ様も登場…。

観出すと止まらないのはPOIならでは、なのだけど、個人的にはサマリタンをかいくぐりながら人助けをするというのが現実的ではないような気がして。サマリタンにはフィンチの仕掛けのおかげで顔認識が効かないとはわかっていても、アナログな人間には関係ないわけで、よくバレないよなぁ、と。

真実を追求されればされるほど、彼の兄を殺したという事実に触れる恐れがあることと、あらためてその兄が何をしていたか、ということ。じわじわと真実が見えてきて、最後にリースがとる行動まで引っ張る。なんとなく初期の方のPOIを見ていた時の気持ちを思い出しました。リースがメインだし、カーラ様は相変わらずの存在感だし、よかったです。

余談だけど…アイリスって再登場させる必要あったのかな。日常を取り戻す前にサマリタンでしょ。正直、ちょっと非現実すぎて不要だな、と思ってしまった。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
| Season 5 | comments (0) | pagetop↑

Comments

Post your Comment

Copyright © 2013-2016 Garnie. All Rights Reserved.
About This Site
Categories
Entries

Twitter



Recommend...
Comments
Other