Jesus Jones index


WebJournal

GiGA Banner
1998-2012 Garnie All Rights Reserved.


 Amazon.co.jpアソシエイト

In Association with Amazon.co.uk

In Association with Amazon.com


last update: Wednesday, December 22, 2004

Jesus Jones | About YOSHI

Arianne Schreiber / vocals

Mike Edwards / guitar, backing vocals

Benjamin Hackett / bass, backing vocals

Simon Burwell / keyboards

David Thomas / Drums

活動状況:活動中止

YoshiMike EdwardsがFOOD/EMIと結んだソロ契約の下、99年5月、Melody Maker誌にシンガー募集の広告を出したことから始まった。南アフリカ共和国生まれで現在はロンドンに住むArianneは、マイクが彼女のテープを聞いて30秒で仕事にありつくことになった。
 当時のメンバーは元ケーブルのリッチー・ミルズのみだったが、何度かリハーサルした後、彼はバンドを去った。その代わり、アリアンヌとTriggerというバンドでプレイしていたことがあり、ジョージ・マイケルのレーベルからアルバムも出したことのあるデヴィッドが加わった。
 またベンジャミンサイモンもアリアンヌの知人であり、サイモンはアリアンヌと"Stabiliser"という名前で共に曲を書きコラボレイトしていたことがある。
 マイクはというと、Yoshi結成は、激動の90年代初期におけるJesus Jonesの独裁者として役割との決別を意味する。バンドとして協力しながら曲を書き、ジャムセッションをすることは、それまでの延々と続くソロでの作曲作業でいや増す苦労から解放してくれた。彼の音楽も、R&B、スピード・ガレージ、ドラムンベースと時代と共に変化してきている。

バンド名の由来

アマゾンのジャングルにいるペルー人のシャーマンによると、音楽で精霊達と交信することが可能だという。精霊を導く者によって、幻覚をもよおすトランス・ミュージックが文字どおり3次元イメージを形作る。浮遊するイメージのつながりがシャーマンの唇や頭に触れるやいなや、シャーマンはメロディをつむぎだし光を放つヴィジョンに応える。その歌はその場にいるすべての参加者によって聞かれ、見られ、そして感じられるので、彼等はそれまで聞いたことのない歌を歌い始める。シャーマンは、それらの歌は彼等が創ったのではなく、Yoshiという名で知られる精霊達によるものだと強く主張する。Yoshiはそのパワーを、受信する能力のあるシャーマンに対して歌を通じて見せつけ、または与えるのだ。

----[YOSHI Official siteより抜粋]


This site is maintained by Garnie and no infringement intended.