Kill Today... | 2015/08

... But why design on killing time ... [Garnie's Web Journal]
<< August 2015 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CATEGORIES
LINK
ARCHIVES


Cover by Peter Mendelsund
Cover
Cover
powerHouse Books

★…What We See When We Readが面白かったので、購入。Peter Mendelsundの手がけたブックデザインが、本のカバーとは何か、といったテキストもまじえつつ紹介されています。スティーグ・ラーセンの本の、没カバーから完成版への経緯とか、手塚治虫などの漫画作品の海外でのカバーなども面白い。ペーパーバックから凝ったハードカバーまで…やっぱりこういう楽しみって電子書籍では味わえない。Andrew VachssのThe Getaway Manも彼の作品だったのね。

| Books > Misc | - | - | top | admin
幸福を見つめるコピー 完全版
幸福を見つめるコピー 完全版
幸福を見つめるコピー 完全版
東急エージェンシー

★…故 岩崎俊一氏の「幸福を見つめるコピー」、新作コピーとエッセイが加わった400ページのソフトカバー版で完全版が登場!これは買わなくては。

安易な模倣、パクリ、責任回避がいろいろと話題にのぼっているけれど、岩崎氏のエッセイを読むと、こういう考え方、背景を持った人があのコピーを生み出したんだ、ということが納得できます。というわけで、エッセイも新たに収録されているところが楽しみ。

| Books > Misc | - | - | top | admin
廃墟の休日

★…まだ放映半ばだというのに、Blu-ray / DVD-BOXのアナウンスが出ていた「廃墟の休日」。1話から見ています。「ジョン」という謎の廃墟カメラマン?に誘われて、という設定が、登場人物が変わっても続いているのがちょっとおかしいけど、主役はとにかく「廃墟」なので、ま、いいか。廃墟と遺跡の違いとか、廃墟を巡ることになった人達の会話の中のふとしたことが時々いいな、と思わせます。でも画伯に絵を描かせたら、主役もってかれるのでやめた方が。笑

Blu-ray / DVDには「廃墟だけ」といった特典映像もあるようなので、12月2日とまだ先だけど予約しておくことにしました。Amazon限定の特典付き、もある他、初回限定でフォトブックもつくようです。

| Films & TV > TV Series | - | - | top | admin
What We See When We Read

★…これ、邦訳を先にAmazonで見つけたのですが、迷うこと無く原書を探しました。邦題を読んだだけだと、いわゆる脳科学ものかしら、という感じだけど、原書の直訳は「読んでいるときに私たちが見ているもの」。各ページのデザインと文字が密接に関わっているし、日本語は本来右から左、英語は逆に左から右、読む方向だって違うのだから、これはオリジナルの言語で「見る」方が著者の意図がより感じられるのでは、と思ったので。

ただ、こういう本を翻訳して出版してくれたことは素晴らしい。「意識はいつ生まれるのか」を検索したときにこの本を見つけたのだけど、そもそも、邦訳が出ていなければAmazonで偶然見つけることもなかったでしょう。

原著にはKindle版があるのですが、「ここは紙の本でしょ」と思ってしまった。ブックデザイナーの本を電子書籍で買う気には、なれません。ブックデザインって興味あるので、Peter MendelsundのCoverという本も、少し高いけど買ってみようかな。

| Books > Misc | - | - | top | admin
The Giver 映画が日本でも公開
The Giver (Giver Quartet, Book 1)
The Giver (Giver Quartet, Book 1)
HMH Books for Young Readers

★…メリル・ストリープにジェフ・ブリッジスが出ているThe Giver映画版。日本でも9月5日公開のようです。記憶を注ぐ者、とか、新訳の凝りまくった言葉遣いが鼻につくので原書をお勧めしたいところ。YA向けなのでそんなに難しくないです。

| Films & TV > Films | - | - | top | admin
帰還兵はなぜ自殺するのか Thank You For Your Service by デヴィッド・フィンケル

★…今まで読んだノンフィクションを真面目にランキングしたことはないけど、今の気持ちとしては、文句無しの第1位。タイトルの「帰還兵はなぜ自殺するのか」に対する明確な答えを期待して読むならやめたほうがよいです。そういう分析ではなく、帰還後のトラウマ、PTSDというものに苦悩する兵士とその家族、あるいは遺族の暮らし、気持ち、言動を緻密に描くことで、その現実を読者に考えさせる本、ではないかと。

訳者あとがきによると、ドリームワークスが映画化権を買い取ったらしい。フィクションと見まごう内容だけれども、本当に映画にしてしまったら、果たしてどうなのかなぁ。映像ではなく文字の威力を感じさせる本だけに、映画を待つのではなく、まずは読むことをお勧めしたい本。

| Books > Misc | - | - | top | admin

ENTRIES


WHAT'S HOT for me
Degrees
Degrees
Dewi Lewis Pub
X-ファイル 2016 ブルーレイBOX [Blu-ray]
X-ファイル 2016 ブルーレイBOX [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
テロ
テロ
東京創元社
OTHERS